2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

counter

記念日

tuna.be

天気

無料ブログはココログ

CD・DVD

2017年9月 7日 (木)

アルバム発売決定(^^♪

嵐、16枚目のアルバム「untitled」は10月18日(水)発売。


昨日アルバムの予約まだかなぁ、とか言ってたらキマシタ。

『「和」や「DIGITAL」、「クラシック」、「HIPHOP」といった いくつもの要素が
複雑に絡み合う、スリリングで疾走感溢れたサウンドの中にも、嵐らしさを感じさせる
アルバム・リード曲“未完”を筆頭に、彼らの新境地を感じさせる楽曲たちを収録。
更にグループ初の試みとして、様々なジャンルの曲調を10分以上にも及ぶ
長尺の1曲に組み込み、1つの楽曲として表現する組曲を収録。
一曲全体を通して聴くことで、グループとしてのこれまでの歩みを感じられる、
聴き応え十分の大作となっている』


…とのことでございますが、デビュー18年で新しいことやるんだなぁ。
どういう仕上がりになってるか聴くまで分からないけど、挑戦心は嬉しい。(*^^*)

初回盤にはリード曲“未完”のビデオクリップ、メイキング、スペシャル映像収録予定。
スペシャル映像って?
通常盤にはボーナストラック1曲と、久々のユニット曲が4曲。
ボーナス1曲だったら初回だけ買うけど通常に5曲もあると…。
ここでしか観れない映像は外せないし、でも通常はレンタルも出来るし。
考えちゃうな。
(ちなみ昨年は通常買ってません)


TOWERRECORDS

楽天ブックス

ローチケHMV

新星堂WonderGOO楽天市場店

セブンネット


収録内容にシングル3曲とリード曲含め新曲10曲とあるけどソロは?
どこにも書いてないんですけど。
あるのか、ないのか。

ユニット組合わせは後日発表。
2人組だけじゃなく3人もあるのかな?
誰と誰が組んでも聴いてみたいから、誰と誰がイイとかあまりないから
ワクワクします。

タイトルは「」も含めて、なんだね。←後で気付いた。


ネットショップの初回盤は相変わらず予約不可になるのが早いけど
後でたびたび復活する可能性もあり。(…無い場合も)

2017年6月16日 (金)

おどる。

嵐52枚目のシングル“つなぐ”のMVは大野智振付だってー。

今週から来週にかけて職場が人数不足でタイヘン。
5人だけのグループでやってる業務なんですが諸事情で
休みをとってるので1日2人の日も少なくなくてね。

帰宅後、ご飯いただきながら録画したVS嵐観たらすぐ夜会で。
6/29放送SPの予告はまだ無かったけど
大ちゃんと伊勢谷くん出演はテレビ誌で確認してるから
来週の予告も楽しみに。(*^.^*)


TLで“つなぐ”のMV解禁情報も流れてたので録画予約して寝たけど
こういうときって早起きしちゃうのね。←5時頃。
「大野智振付」という紹介にスッキリ目が覚めましたけどー。(≧∇≦)

だってシングルでは Bittersweet 以来ですよ。
(しかもあのときのMV踊ってないし)

時間差で日テレ、TBS、フジ録画してみたら各局違うとこが流れてありがたい。
オープニングからカッコイイ。
見たら彼の「らしい」と分かる動き方。
ときに大胆で、ときに繊細で、流れるように優雅でもあって。


これは音楽番組もメイキングも楽しみだなぁ。

あ、来週金曜6/23(金)のあさイチ プレミアムトークに大ちゃん出演。
6/29(木)はVSも忍びの国 かな?

でも…KinkiさんとTVでババ抜きする日が来るとはね。


では今日出勤したら土日休みなので、頑張るんば。
(今日は遅いシフトです)

2017年5月15日 (月)

つなぐ。

嵐52枚目のシングルは映画“忍びの国”主題歌の『つなぐ』

今朝のめざましHP予告?に大ちゃんとさとみちゃん、伊勢谷くん、亮平くんの
名前があったから映画関連のことだと分かってたけども。

お知らせごとがあると思うと何故かいつもより早く目が覚めてしまって
5時前のはやドキで主題歌紹介。
続いてめざましアクアとおはよんで予告最新映像(アクションメイン!)と
52枚目のシングルであることがお知らせされました。
新しいアーティスト写真もね。

そうきたか。

嵐が映画主題歌を担当するのは4年ぶりのこと。
Brethless 以来ね。
私の感覚では映画音楽に「合う」主題歌というのはヒジョーに難しい。
どんなに作品が素晴らしくても、どんなに楽曲が良かったとしても。
しかも時代劇。
だからインストのみで歌なくてもいいんじゃないかと思ってたのが本音です。
こればかりは映画館で通して観ないと分かんないことだからなぁ。


時代を繋ぐ一途な愛を歌ったラブソング。
聴けたところではドラマチックな曲調の好きな感じだけど。
エンディングで流れたときにすっと馴染んでるといいなー。

なんだかんだいっても
初見のアクションと、嵐アーティスト写真はカッコ良くてべっぴんさんだったので
各々の期待値は上がっております。(*v.v)。


予約も今日始まるのかな。JAL新CMの曲はコレのc/wとか?
お昼休みチェックしとこ。


追記。
無事に予約完了(^^♪

◇嵐、ニュー・シングル『つなぐ』6月28日発売 TOWERRECORDS

やっぱりあれ三味線かぁ。
和洋楽器の掛け算、音が面白いぞ。
なんだかんだ新譜は楽しみなのである。

2017年4月18日 (火)

I'll be there

嵐 51枚目のシングル、入荷日に無事ゲッチュウしてきました。
遅いほうのシフトだったので店舗だと閉店までに間に合わなそうだったので
コンビニ受け取りにしました。

Dscf2837_2

ディスクのデザインがオシャレ。特にロゴ。
明日、明後日は2連休。(水曜夜は送別会に参加するけど)

今夜は一番搾りながらひとまずMV→メイキング堪能ちぅ。
手の振りはメイキングので練習してるとこのほうが分かりやすいね。

曲はひとまずipodに落として明日から。
…曲詳細(作詞作曲)とか特設サイトも見てなくて、今日やっと。
JストのCMも今朝初めて観たくらい。
ドラマもまだ観れてないから、どんな感じで流れてるかも…
来月ライブDVD&BDが発売される頃にはも少しゆとりがある筈だっ。


では (^^♪


そして曲の感想は書けるのか……分かりません。

2017年4月17日 (月)

待ってた。(^^♪

嵐のライブDVD&BD
『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are you Happy?』が、5/31発売決定しました。
やっとお知らせきました。


昨夜のベイスト聴いてまだかなぁって言ってたとこ。
…と、いうより毎週のように言っていた。
ドラマ主題歌にしてはシングル発売が早いのは後がつかえてるからじゃ、とか。
アリーナツアーから1年くらい経つのにまだ出ないのは一緒になるんじゃ、とか。
頭の隅っこで考えてたことが的中。

初回限定盤には、ARASHI “Japonism Show” in ARENAより
8月横浜アリーナ公演を特典映像として全編収録。

通常盤には、CMディレクター原田陽介監督の「Documentary Film ~アユハピ~」収録。
構想段階から最終公演終了までカメラが密着し、コンサートを創り上げていく
メンバーの姿が収められている。

「打ち合わせからカメラが入ってる」と言ってたのは
やはりオープニング映像のためだけじゃなかったか。

が、昼休みに知ったときに「は?」って思ったのは私だけでしょうか。
だって違う特典映像が別々につくんだよ。
あるなら、どっちも観たいに決まってるじゃない。
(定点とかマルチアングルとかは…)
でも本編BDでも特典はDVDって、アリーナはBDで観れないのね。

シングルはそれほど高価ではないし違う2曲があるなら、と2種買いもある。
が、例えば1曲だけのためにアルバムもう1枚とか(あゆはぴ?)
2曲の定点映像だけのために映像作品もう1枚とか(デジタリアン)
慎ましい?生活を送る私にはなかなか手が出ないものです。
でもまるまるディスク1枚or2枚分あるし…という葛藤がちょっとありましたけど。


しかし予約開始は近頃は金曜が多い印象だったけど週明けの月曜日。
いつにもましてバタバタでした。
(だって月9初回で←まだ観れてない。シングル入荷日前日)
でもまぁなんだかんだずっと待ってたので楽しみですけどー。(*^.^*)

そして個々数年の傾向ではネットは予約不可になっても再開することあり。
店舗は発売日でも初回が買えることもあるので。

4月に嵐シングルとゆずアルバムと、舞台チケットで5月にBD。
なかなかの出費でこうなれば残業頑張って良かった、と思うことにしよう。
旅行もしたいんだけどねぇ。


TOWERRECORDS

楽天ブックス


原田陽介さんは嵐出演の一番搾りCMを手掛けられた方だそうです。
じゃあいい雰囲気になってるかな。(。・w・。 )

2017年3月10日 (金)

2017年 嵐、第一弾シングル。

2017年の嵐情報は51枚目のシングル発売から。(^^♪
I’ll be there 4/19(水)発売決定。

ドラマ主題歌なのは予想どおりだけど春ドラマで4月発売は早いですね。

『ドラマのミステリアスな世界観とリンクするような、ダイナミックかつ
華やかなメロディーに彩られたクールな楽曲に、魅惑的な 5人が歌い上げていく。
まさに“大人の嵐”を感じさせる 1曲となっている。』
…そうです。


初回限定盤
01: I’ll be there 
02 タイトル未定 A
03:タイトル未定 A (オリジナル・カラオケ)
「I’ll be there」 ビデオ・クリップ+メイキング


通常盤
01:I’ll be there 
02:タイトル未定 B
03:イトル未定 C
04~06:01~03オリジナルカラオケ

楽天ブックス

TOWERRECORDS

HMV

新星堂WonderGOO

セブンネット


と、いうことで2形態、それぞれ違うカップリングと通常にカラオケ…は定番かな。
初回盤にメイキングが付くのは嬉しいなー。
華やかでクールってどんな感じだろう。


そしてシングル発売が先に来ました。
2016年アリーナツアー映像はお蔵入りあり得る?だってドームもあるんだよ。
まぁでもとりあえず来月にはもう音楽番組でも観れるんだよね。
ラジオ解禁も早いかもしれない。

なんだかんだ言って新譜はワクワクするのです。(*^.^*)

2016年10月31日 (月)

音と言葉と。

手にしてから今まで音楽は“Are You Happy?”しか聴いてません。
イヤホンで聴くのとCDをコンポで聴くのと少し違います。

色んな人の感想も読ませてもらったけど、これまた捉え方はそれぞれ。
16曲もあれば好みが分かれるのは当然だけど、そういう感じじゃないみたいで。

昭和の歌謡曲テイストの曲が1番賛否両論あったかなぁ。
年代の違いかな?
嵐というグループは好きになった頃からみたらものすごく大きくなったけど、
だからこそ音楽でもバラエティでも枠組みから外れることが
難しくなったりするんじゃないかと思ってたけど。
やってみたいことが出来たなら、良かったんじゃないかと。

だって誰もがすべてに100%満足するものを作るのは不可能だから。
私も全部サイコー!になることはあまり無いもん。(ん?)
ほぼ良し!はありますが。
聴き込んだり、映像を観たりしたことで曲の印象が変わることは多々あるよね。
皆そうかな。

何度も何度も聴くほどに今回ディレクション曲がそれぞれ深いと感じてて。
(ちなみに今現在ソロはニノさんが1番好き)
やっぱり初回盤でいう最後3曲の流れが秀逸で好きすぎる。
”Miles away”はすでに語ったけど心に沁みて
しみじみしちゃう、です。
いくつか「これ好き」な曲は出てきたけど、1等賞なのはもう変わらない。

翔くんは“Cool&Soul”のときのようにRapで大野智にやらせたいことが
あるんだろうか?(笑)←笑い声のハナシ。
メロっぽいラップは正解だよね。
「story が tell」の、てる♪がかわいくて個人的ツボね。

なんか大ちゃんと翔くんと、嵐を支えて見守ってきた人が考えた“今の嵐”
歌声の可能性だったり詞だったり表現はまったく正反対だけど
思ってることは2人、同じです。(*v.v)。

潤くんが10周年の頃「リーダーがあぁいう人だから自分たちが(好きに)動ける」
って言ってたのを思い出しました。
もっと昔には気付いてなかったことを今ではメンバー誰もが知ってるし。
それおっきいんだろうな。

もひとつ。
クレジット見ても分かるように管楽器をちょいちょい取り入れてるのも新鮮。
が、しかし音楽的に凝りすぎてないのも耳馴染みが良い一因かな、と。

このアルバムを引っ提げたツアー開始までもうすぐ。
新譜は全曲歌ってくれますように。

2016年10月27日 (木)

ハッピーのかたち。

今回のアルバムで嵐は問いかけてきてる。
“Are You Happy?”って。

水木休みだったのでお出掛けのときはipodで。
在宅してるときはCDをコンポで聴いてました。

あぁ、なるほど…福袋とは上手いこと言ったね。
とっ散らかってます。もちろんイイ意味で。
ここ数年のアルバムはコンセプトを決めて枠の中に収めていて
それはそれで良かったけど。
解放して彼らがそれぞれやってみたかったことをすると、こうなるのか。
通して聴けば間に入るシングルに安心感を覚えるほど
バラエティに富んでて驚きがいっぱい。

今回のアルバムではソロよりも5人がディレクションした曲が気になってました。
そこでラジオでも話してた“Miles away”を1番に聴いたんだけど。

…期待をだいぶ超えてきました。

ディレクターさんが心配したというから、いつも通りならこうはならなかった。
翔くんから相葉くんへ続く長めのメロディも。
ニノがまったく主旋律を歌わず上ハモとフェイクに特化してるのも。
潤くんの下ハモと今まであまり聴くことなかった高音も。
サビは大ちゃんの主旋律にユニゾンではなくハーモニーが重なってるのも。
嵐のことが大好きで、嵐の歌声をよく分かってる人が決めた細かい歌割り。

個性ある5人の歌声の新しい可能性と魅力を引き出したような。
いつもはあまり聴かない音域を歌わせてみたりね。
大ちゃんの耳の良さと音楽的感性のなせる業じゃないかと思う。

100+さんの詩に、R.P.P.の曲にイイ色を付けたなぁ。うんうん。
泣きそうになるのはちっともおかしくないよ。
少なくとも私はなった。
極上のフェイクと素敵なハーモニーをありがとう。(*v.v)。

で、その後に翔くんディレクションの“To my homies”が続くのもニクイ曲順で。
ココロの琴線を思いっきり揺らしたあとにくる安心感。
“Power of the Paradise”のシークレットトークで話してたあれ。
ラップっぽいラップかメロっぽいラップか?こうなったのねー。
決まってた歌割りで別々にレコ―ディングしても上手く繋がるものなんだなぁ。
180度違う方向から表現した今の嵐が、好きすぎる。

ここから最後のリード曲“Don't You Get It”までの3曲をリピリピ。
(いえ、他がどうとかじゃなくて特に気に入っちゃったので)
楽曲だけ聴いててもMVの映像を思い出しちゃう。
リード曲にこう遊び心満載の曲をもってくるのも実は珍しいよね。


ソロ曲は大宮ちゃんの意外性にちょっとした驚き。
確かになかった、こういうの。
エフェクトあまり好きじゃないけど、何故か嫌味が無いわ。
大ちゃんの場合振付ありきだし期待しないわけがない。
とにかくそう来たか、と思うオモチャ箱みたいなアルバムで
これは意識的かどうか分からないけど、かなり攻めて来たなぁと。


このアルバムがライブ映像と融合したとき、どんな化学反応が起きるのか
ヒジョーに楽しみです。
…毎年のことだけど。
もっと聴き込むとまた違う発見があるかもしれないけど、今のところこんな感じ。
(ざっくりすぎ。でも書こうとするとキリが無いんだよぅ。)


では最後に答え。
例えば自分の時間がなかなかとれないときがあっても、どんなに疲れても
今1人暮らしをしていても、嫌なことばかりじゃなくて
今の自分は悪くないと思ってるから、私は幸せなんだろう。
きっとね。(。・w・。 )

Dscf2717

2016年10月 6日 (木)

変わるもの、変わらないもの。

Are You Happy? のジャケ写と詳細が公式HPにupされました♪

今回はどちらも嵐の5人と目が合う構図で。
リード曲“Don’t You Get It”がラストにきてるのも斬新。
(ラジオにて披露されてるけど表記も初めて知った)
各メンバーがそれぞれに今の嵐を表現した…というのが
under the supervision of …と、なっててソロと併せて「※」がいっぱい。
これ過去に自身のソロ曲等を提供してくれた方々が関わってる、ような。

もう制作陣から曲調の予想はまったく出来ないし当たらないので
こんな感じかなぁ、とか考えないようになりました。
だって聴いてたリード曲の編曲が嵐にはお馴染みの
吉岡たくさんと佐々木博史さんだったなんて。

発売まで20日、やっぱり新譜は楽しみです。
音を楽しむとしましょう。(*゚ー゚*)


と、いうことで今日休みだったのでようやく落ち着いて日経エンタ読みました。
毎年楽しみにしてるという読者の声が多いという翔くんのインタビューは
夏に無かったけど秋に敢行してくれました。
「1年間でそんな言うこと変わんないよ?みんな何を期待してるの」
いえいえ、スタンスは変わらなくても時間が経って変わってるものがあるんだよ。
私は、言葉の端々からそこを読み取るのが楽しみ。
あとは、読みやすい上甲さんの文章も手伝ってるかもだけど。

ドームツアーをやっても絶対数は足りない嵐のコンサート。
誰もが生きたいと願ったアリーナも、ハワイも行ける人はごく僅か。
それでもやりたいと思ったことが出来てるのは、嵐は恵まれてるんだって思う。
チケットにまつわるアレコレは彼らが考えることじゃないもんね。
(非会員3は止めて欲しい等々の希望や違反行為の対策とかとか)

相葉ちゃんがバラエティでその人柄を受け入られるように。
大ちゃんが個展開催したり、振付をしたりするように。
潤くんがライブ演出するように。
ニノが演技の世界で認めらるように。
勉強することを趣味の一環というなら、それも個の武器でしょうね。
同誌の特集に“ソロ活動の選択”というのがあったのが正にそれ。
グループに還元できるものが必ずあるから。

デジタルとアナログが混ざった世代、境界線は生まれが昭和か平成の違い?
私もね、昔の携帯より便利になったスマホも活用するけど
スケジュールは手帳なんだ。
小説も文庫本で読みたいしね。
あえて技術の進歩に乗っからないでいいものもあるよね。うん。(。・w・。 )



Dscf2705

おまけ。
9月始まりの2017年版を一昨日買ってもう切替え。
ここ数年は同じシリーズを使ってます。

2016年9月16日 (金)

いつかの夢に 追いつくように

嵐、50枚目のシングルを何にするか…考えられた“Power of the Paradise”なのか、
この曲がたまたたそうなったのかは分からないけれど。
そういう記念すべき、という肩書がつく歌になったわけです。

発売日前日に手に入って帰宅後はとりあえずMVとメイキング観てipodに落として、
次の日出勤中に歌と38分超えるカラオケにあるシークレットなトークを聴いて。
…これ外で聴いちゃダメなやつ。(笑)
まぁ笑っちゃうのはいつものことだけど。
アルバムの話をしてて発売日にツアーの当落。
色んな意味ですごいタイミングだな、と思いましたよ。

MUSIC DAY の後は日テレで五輪の話題が出るたびに流れてきたけれど
ようやくフルで聴いたこの曲はテーマソングというだけあって
とても耳障りの良い、五輪に寄り添った応援歌なんです。
だからこそシングルの表題作になったのが意外でした。
ドラマの主題歌ほどの強いインパクトは無いから。
(この場合はいい意味で、です)
今回発売してから制作陣も分かったけど
編曲が嵐にはお馴染みの ha-j さん。
だいぶ聴き心地良い嵐の歌声に合うアレンジかかってるんじゃないかなぁ
…なんて思ってしまいました。
歌割りもテッパンでしたから、さらっと聴ける筈です。
個人的には今までメダリストの功績の裏にほんのり聴こえてた
ラジオでは聴けなかったいわゆる2番からが好き。

そして何気にカラオケで聴く音が面白い。

そしてカップリング“花”がまた秀逸でございました。
嵐にしては珍しくちょっと長めな、優しいミディアムバラード調。
こちらも安定の小川貴史さんと佐々木博史さんが関わってるんですね。
ソロパートが素敵。
一言で言えばキレイな曲です。←簡単すぎ。

メイキングにも豊洲市場があまりにもタイムリーすぎておかしくなっちゃいました。
橋から川を覗き込む5人の姿と会話には、ほくほくでしたけど。
7月30日鹿児島公演のあとに録られたトークにも。
出てきた岡田っちの名前、一本締めのこだわり。
グラスの注ぐ音までリアル。
もしかしたらMVより需要あるかもしれません。(そんなことないか)

Dscf2700

続きを読む "いつかの夢に 追いつくように" »

より以前の記事一覧

ごあいさつ。m(_ _)m

  • ご訪問ありがとうございます。  ラジオとテレビ、映画、読んだ本の感想とか。 大好きな嵐と、時々ゆずと…。一緒に暮らす“わさび”のこと。日々の生活で思ったこと、お出かけしたこと等々を書いてます。 ※初めての方は、プロフィール内のお願いと注意を読んで下さいね。

countdown

twitter

my blog list

Blog People