2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

counter

記念日

tuna.be

天気

無料ブログはココログ

映画

2017年7月18日 (火)

心に響く。(ちょっと忍んで)

今日は朝から札幌で大ちゃんが中村監督とモグモグしてるのいっぱい観れました。
忙しい翔くんが映画観てくれて「面白かった」って言ってくれた話も。←嬉しそう。
舞台挨拶での映画の話はあまり無かったけど
観光からカメラついてたんなら舞台挨拶は全部ディスクに入るのかな?
…だったら、どれも観れなかった私は嬉しいけど。

◇嵐・大野智、札幌を“お忍び観光”ご当地グルメを堪能「幸せ」 ORICON

「北海道行きたい」と言って札幌を当てた引きの良さ。
例え2時間位の観光でも昨年暑い中あの衣装で撮影頑張ったご褒美になったんじゃ。



今日は109シネマズ湘南で3回目の“忍びの国”観てきました。
キャンペーンで神奈川1位だったからスペシャルポスターも見ようかと。
朝一の回(9:45~)で昨夜ネット予約したときはだいぶ空いてたけど
170席のハコ、入ってみれば8、9割くらい埋まっててビックリ。
公開直後は若い世代が多かったように思うけど年齢層も幅広い印象。

最初ストーリーを追ってただけだったのが回数を重ねると
シーンや言葉のトーン、表情の変化とか細かいところをしっかり見聞きする。
私は今まで同じ作品で2回はあるけど3回以上映画館に足を運んだのは初めて。
音響の違いさえ感じるようになると
囁くような言葉も、張った声も凛として部屋だけじゃなくココロに直で響いてくる。
同じシーンを何回観てもぎゅっと気持ちを掴まれる。

ネタバレをしないように感想を書くのは難しい(公開終了後にガンガン書きたい)
主演贔屓ではあるけど、普通に映画好きで普通に原作好きでもある私。
小説をまんま2時間の映画に収めるのは不可能だ。
どこを省くかは誰がいないかは気になるところだったけど
本当に上手くアレンジが効いてた。
登場しない人の大事なセリフは形をかえて自然に他の人から発してたり。
原作者の和田さんが脚本を書いてくださってる強みじゃないでしょうか。
しかも史実を可能なかぎり調べ上げてるから嘘がない。
小説を読むまで私は伊賀の忍びがこういう人たちだと知らなかったし。
(Wikiにも乗ってたけど)

アクション1つとってもコメディかと思ったらシリアス、かと思ったらまたコメディ?
映像化されてこんな風に化けると思わなかったので斬新です。
保険として用意されたセリフが要らなかったくらいの一騎打ち(川)は
最中に表情と空気が変わったのまで感じとれる。
何回か同じ言葉が出てくるけど、それが違う意味を持つ変化も。

忍びとして生きるために人としての感情を置き去りにしてきた無門が
それを取り戻したとき何が起こったか。
切なくも、オリジナルのエンディングが優しい余韻を残した。(*v.v)。

海に向かって歩く彼らがどう生きたか想像するのもいいかもしれないね。



ちなみに。
映画館の入ってる湘南テラスモール、お昼過ぎの暴風雨と雷で一時停電。
すれ違った方の話では映画観てたけど上映中止になったそう。
…交通費かけて行ってるから朝一の回にして良かったなぁ。

2017年7月 3日 (月)

7月の始まりは。

シフトで現在土日休みは5週間での2回ある。(5人でシフト組んでたから)
8月からは2週に1回になる。

映画公開は土曜が多く、映画は初日にほとんど観たこと無い。
もともと初日に、という拘りは無かったけど
最近は初日舞台挨拶が中継されることも少なくないから悔しいこともしばしば。

そして夏のMUSIC DAYが放送される日が休みだったのは昨年だけ。
2017年の今年、観たい映画とそれが重なってしかも出勤日で
職場体制が変わる都合で有休とることも出来なかった。
(使いきれないほどあるのに…ちぇっ)

土曜は東京、日曜は大阪であった舞台挨拶は両日中継されて
行かれた人のレポがTLに流れるの眺めていた。
公式さんも記事をRTしてくれたので、そちらも。
今日、鏡開きや大ちゃん、知念くん、さとみちゃんのコメントがWSで垣間見れた。
両日とも知念くんの先輩愛が炸裂してたようで微笑ましかったなぁ。


恒例の翔くんの司会ぶりを聞かれた大ちゃん。
車で観てたのは移動中だったのかな。
土曜朝からブランチ生出演、舞台挨拶、MUSIC DAY出演して
日曜は大阪へ行って…こちらもなかなかハードなスケジュールだったね。
長時間の司会こなした翔くんともどもお疲れ様でした。

WS日テレはZIP!とPON!をチェック。初日舞台挨拶はめざまし、はやドキも。
大ちゃんのでっかいZIP!ポーズに最後の最後でBelieveのラップがあった翔くんと。
そして何より剛くんがお休みでも出演した光一くん。
相葉ちゃん、潤くんには自分からお願いしたこと。
いつもはあまり歌わないAnniversary の2番の歌詞を歌った理由。
…に、ちょっとジーンとしちゃった。


忍びの国もね、公開3日目に休みだったのでようやく観て来ました。
映画についてはまたちゃんと書きたいけど
始まってから終わるまで1回も飲み物に手を出さなかったくらい
一瞬もスクリーンから気が逸れることなかった。
オリジナルのラストも好き。
とにかく、もの!すごく!良かったよー!(*^ー゚)b

週末の興収はパイレーツに次いで2位。
あちらはやっぱり強いし、2D,3D吹替えとスクリーン数3倍ですから。
映画好きな方の評も良く夏休み、口コミでたくさんの人が観てくれるといいなぁ。
楽しむだけのエンタメじゃなく、伝わるものがあるから。

私は帰宅後パンフも読んで、既にもっかいすぐにでも観たくなってます。
次いつ行こう。

前日の生番宣、ラジオも録音して聴きました。
山瀬まみちゃんがいろいろ観てくれてたこと話してくれて嬉しかったなー。


では、まっすぐ寝ましょう。

2017年6月27日 (火)

和。

“忍びの国”のCMも、Jスト“つなぐ”のCMも結構見かけるようになりました。
シングルはもう入荷日で帰宅時にお迎えします。←コンビニ受け取り
今日仕事頑張る励みにします。
わくわく。(*^-^*)


昨日お昼ぐらいかな?忍びの国公式さんからイベントの記事が流れてきました。
浅草寺の普段は入れない伝法院というところだそう。
大ちゃん、さとみちゃん、亮平くん、伊勢谷くんが「和装で」参加。
(監督さんはスーツね)
時代ものだからどこかの記事かなにかで和服見たい!とか期待してたけど
なかなか来ないな…とか思ってたたらココで来たよ。

◇嵐・大野智、主演映画の大ヒット祈願も謙虚に「大きく考えちゃダメ」 マイナビニュース

◇石原さとみ、大野智は「ムードメーカー」 日テレNEWS24


今朝はZIP!とめざましを録画してみました。
和服…似合うんだけどもどうせならこの日まで黒髪でいたら、もっと良かったー。
ちょっと惜しい。
ZIP!では究極クエスチョン、めざましでもインタビューがあったので
それぞれ違う話が聞けましたけど。
亮平くんと、さとみちゃんに話し方や声のトーンを暴露されてるのが
面白かったなー。
番宣で一緒にいる機会が少なくないから気付くんだね。


昨夜のZEROでもMUSIC DAY の企画映像があったけど
ZIP!でもコラボ企画とかあったんだね。PON!でもやってるけど。
なんかいろいろ見逃しそう…。

今日は深夜のアカデミーナイトGで大ちゃんのインタビューがあるよ。
雑誌は日々手帳チェックでございます。←明日がヤマ。

2017年6月22日 (木)

隣りに。

一昨日発売の non.no に大野智×知念侑李 の記事が載った。
“忍びの国”雑誌祭りのなかで初めて買ったファッション誌。(今日現在)

同じ日の深夜、アカデミーナイトGで伊勢谷くんと知念くんの対談。
今朝はめざましで大ちゃんと知念くん。
お互いのファンのみならず2人の関係(?)を知る人はもう少なくないだろう。
テレビでも雑誌でも公言してるし、そう紹介されるからね。

大ちゃん個人の記事でも知念くんの演技について話してるように
この映画では運動神経の良さを買われての役じゃない。
原作を読んでる者としても配役を聞いて「ほー」って思ったもん。
感情を表現するのが難しい役だから。

幼稚園のときに家族に連れられて行った嵐のコンサートから大ちゃんに憧れて
ジャニーズ事務所に入り2007年嵐のTimeコンでグループが紹介されて。
雑誌で対談が叶ったのは2年後くらいかな?
どの歌番組でも「憧れの先輩は大野くん」とずっと話してたのを
なんとなく憶えてます。

いつしか連絡先交換して、名前で呼ばれるようになって
お仕事でがっつり共演できたのが昨年のこと。
ずっとずっと憧れてやまない先輩と同じ場所に立つこと。
時代劇も経験してきた今だから良かったかも、と言っていた。
距離が近づいたことも嬉しいだろうけど、一緒の作品に携われたことが
1番嬉しいんだろうな。

伊勢谷くんとの対談も緊張しつつも大ちゃんのことは迷いなく答えてた。
今朝も本人が隣りで照れ照れになるくらい真っ直ぐな想いを話してた。
non.no は4Pだったけど晴れた日のビルの屋上で楽しそうに写真を撮り合う2人と、
屈託のない話をするテキストになんだか感無量になった。

大ちゃんは「侑李」と呼んで今では弟みたいだと言う。
知念くんにとってはどんなに親しくなっても背中を追いかける存在なのは
変わらないんだろうな、これからも。
小瀧くんも言ってたけど大ちゃんアドバイスの類は何にも言わないからね。

とにもかくにも。
何を見てもほんとに大好きなんだ…っていうのがよーく伝わってきます。(*v.v)。
きっとお互いイイ経験になった作品になったと思います。
(まだ観てないけど)


忍び込みたいのは大野くんの家とか答えると思ったら「心の中」だって。
色んな意味でさすがです。(。・w・。 )

2017年5月31日 (水)

忍びの国 ジャパンプレミア。

大野智『忍びの国』主演の第一報がきたのがちょうど1年前の今日。

まだ監督と脚本(原作)くらいしか知らされなかったけど1年後の夏に向けて
楽しみが出来た。
共演者が発表されて、撮影終えて、特報公開、主題歌決定と
ひとつずつ明らかになって今日一般試写として公開された。
…行けなくても何だかそわそわしてた午後でした。

HPもリニューアルされて作品解説ページ、キャスト紹介がイイ(^^♪


記事もひととおり読んだけど、たくさんありすぎて嬉しい悲鳴。
中村監督も共演者の方々も口々に大ちゃんを褒めてくれてるようで
みんな優しい…(u_u。)



◇嵐・大野智、エキストラに馴じむ 「忍んでいたんですよ」 ORICON

◇大野智、知念侑李からの愛情受け止め 「自分の話しなさいよ!」 マイナビニュース

◇大野智は、なぜ「すごい人」なのか?石原さとみの熱弁に客席から納得の声
    マイナビニュース

◇大野智、6年ぶりの主演映画『忍びの国』に手応え十分!「見たことないアクション」
   ぴあ映画生活

◇『忍びの国』ジャパンプレミアで大野智、満島真之介と“グッモニスタ”!生披露に
   ファン大歓声 映画ランドNEWS


↑twitterではもっとたくさんRTしてるけど一通りのエピが入ってるかな?
最初に見たのがまさかの「グッモニスタ」でした(笑)
相変わらず大ちゃんラブな知念くんと、そこにツッコむ伊勢谷くんとか。
マキタスポーツさんの大野くんエキストラに紛れてた話とか。
戦友になった亮平くんと、大ちゃんをべた褒めしてくれたさとみちゃん。
同日公開のカリブの海賊に密かにライバル心を持つ監督。

亮平くん、マキタスポーツさんは早速ブログにも書いてくれました。
ありがとうございますー。m(_ _)m


明日各局のWSで放送されるけど(めざまし、ZIP!、はやドキ、PON!確定)
ぜんぶのエピソード映像で観たいなぁ…無理か。
でもこんだけ色んな話が出てるってことは挨拶長かったのかな?


今回に限らないけどジャニーズの人って、こういう記事の写真に映らない。
主演なのに不自然だと思うんだけど。
ねぇ。

あ、ZEROで1人ポップアップ登場したシーンと忍んでた話が聞けた!
写真にいなかった大ちゃんはスーツもタイもシャツも黒でふわふわの髪。
べっぴんさんです。←贔屓目(*^.^*)


昨晩のアカデミーナイトでは平佑奈ちゃんが大ちゃんの演技は
ナチュラルだという話をしてました。彼女はそれが理想なんだそう。


明日からは本格的に雑誌祭りスタート…でぃ!

2017年5月29日 (月)

あの時どう思ってた?

◇嵐・大野智主演 『忍びの国』 上海国際映画祭に出品決定 ORICON

第20回上海国際映画祭(6月17日~26日開催予定)のコンペティション部門
「ジャッキー・チェン・アクション映画週間」に邦画で唯一出品されるそう。
そして。
米・ニューヨークのジャパン・ソサエティが主催する北米最大の日本映画祭、
第11回JAPAN CUTS ~ジャパン・カッツ!(7月13日~23日開催予定)での上映も
決定していると。

知識不足で、どういうものかまったく分からないけどスゴイことなんだよね?きっと。
“鍵のかかった部屋”も海外の賞をいただいたけど、
日本以外の人にも作品を観てもらえるということだけでも嬉しい。
後でどんな評価を受けたとしても。
(観た人の数だけ感想があるのは当たり前だから)


5/28(日)ど深夜の“みんなのえいが”
忍びの国、公開約1ヵ月前に大野智独占インタビューをオンエアしてくれました♪
スタッフ、キャスト(関係者)初号試写を観たTBS伊東楓アナ。
ここで話した内容は6月から発売される映画誌等々にも載ると思うけど
本人の言葉で映画のハナシを聞くものはなかなか無いので貴重かと。

「そのままってどのまま?」(笑)

怠け者だけどやるときやるのがソックリと言われたのを気にしてたようだけど
監督も大ちゃんが怠け者って思ってるわけじゃないと思うよ。
普段ほわんとしてるけど…ってことじゃ。

メイキングも観たことないシーンがちょいちょいありました。
満島真之介くんとの対決しかり、鈴木亮平くんとの対決も更に。
お互い1回ずつ当てちゃったとき「ゴメン」より「やっちゃった」って感情になって
それが辛かったって。(殴っちゃった方が)
撮影終えてから亮平くんと会えてないから、そのときの話聞いてみたいって。
プロモーション活動のなかでそういう機会があるといいね。
亮平くんは「戦友になれた気がする」と言ってたそう。

ちなみに亮平くんのクランクアップのときかな?
ハグした2人の身長差がちょっとツボ。

そして忍び込みたい場所はありますか?の質問に行ったことないメンバーの家と。
みんな行ったことないけど1番行ってみたいのは潤くんち、だって。(*゚ー゚*)


この他にお国役のさとみちゃんの話もしてたけど、それはまた次回。
6/30(金)深夜ってことはもう公開当日じゃん。
忘れないようにしないとー。

アクションもジークンドーやカリをベースに、って紹介されたけど
この映画に限らず雑誌やテレビ番宣みたら多少のネタバレは必ずあるよねぇ。
でも核となる大事なシーンはギリギリのとこで観せてないし
百聞は一見にしかず、だからね。


好きな人が主演で、好きな監督さんが演出して原作も脚本も共演者も
個人的に申し分ないと思ってるけど。
過去これほど公開が待ち遠しい作品があったかな、ってくらいワクワクしてます。
もうハードル下げらんないけど、どうしよう?←困ってない(笑)


さすがに試写は当たらなかったけど(同行者決めないといけないのは申込んでない)
もう明後日だしWSで取り上げてくれるの待ちましょう。

2017年5月24日 (水)

映画と主題歌。

水木2連休で今日はレディスデーなので映画2本ハシゴしました。
そこそこ映画好きで月に2本くらいは観てた私がなんと”破門”以来です。
…春の休日はぐったりで充電してたから…(言い訳)
観たかったけど逃しちゃったのが何本もあるよ。


美女と野獣→帝一の國

暫く前は洋画ばっかりで邦画はほとんど観なかったのに
ここ数年は逆転した。
洋画1本も観ない年もあったんじゃないかなぁ、ってくらい。

私は英語分かんない癖に役者本人の声が聞きたくて字幕なのね。
いま公開中の美女と野獣はディズニー制作なのでストーリもそちら仕様。
もともとの童話は実は残酷なシーンも少なくないけど、
ディズニー版は極力排除したハッピーエンドになってる。
嫌なヤツは出てくるけど。
今回はサウンドオブミュージック張りに歌が多様されてるので
吹き替え版はだいぶ印象が変わるかもしれないね。

エンドロールに工夫を凝らしてたり最後に映像を挟んでることも少なくないので
最近は電気がつくまで席を立たない人がほとんど。
これもキレイな映像と人物映像に役名と役者の名前。
そしてディズニーファンにはご存じの“Beaty and the Beast”を歌うのは
アリアナ・グランデとジョン・レジェンド。
いい余韻が残るエンディングでございました。


そして帝一の國。原作は未読で知ってたのは番宣で聞いた概要のみ。
暑苦しい(悪い意味じゃなく)コメディかと思って笑って観てたら
裏切あり、友情あり、知略謀略あり、涙あり、色んなものが混ざってました。
漫画原作だしツッコミどころは多々あれど政治にも言えることがあるのでは。
自分の國を作りたかった理由はそれだったのか、っていうね。
濃い登場人物の関係が面白かった。
千葉雄大くん、VS嵐で28歳と聞いたけど高校生違和感なし。

エンディングに流れた主題歌はクリープハイプの“イト”
これも映画観たあと聴いたかぎり作品の世界感に寄り添ってるように感じました。


そこで映画主題歌です。
忍びの国 の主題歌が嵐に決まったときの、周りの反応で気になることがあった。
私は映画の主題歌は「合う」のが難しいと思ってるけど
それは歌がなくても、誰が歌うことになっても変わらないもの。
でも結局「劇場」で作品を観て「聴かないと」分かんないから
期待値の高い作品ほど不安にもなり、楽しみにもなる。

が、嵐が歌うことで「アイドル映画」にして欲しくないと言う人もそこそこいた。
えっと、それってもうすでに歌手、俳優1本でやってる人と区別してるよね?
ファン側がそういうこと思うんだ…って。←おそらく一般の人は気にしない。

メディアや関係者向けの試写は何回かされてるようで
TLに流れてくる感想を見るかぎりでは作品の評判は上々です。
そういう人たちは「どこの誰が出演」ではなく一作品として観てくださってます。
応援する側が色眼鏡で見てしまっては勿体ないと思いません?

私は好きな人が出るから(も、あるけど)
純粋に映画好きとして中村監督があれだけ自信もって話す作品の公開が
楽しみで仕方ありません。(*^.^*)


そういえば、予告編も初めてスクリーンで観れました。いいねぇ(^^♪

2017年5月15日 (月)

つなぐ。

嵐52枚目のシングルは映画“忍びの国”主題歌の『つなぐ』

今朝のめざましHP予告?に大ちゃんとさとみちゃん、伊勢谷くん、亮平くんの
名前があったから映画関連のことだと分かってたけども。

お知らせごとがあると思うと何故かいつもより早く目が覚めてしまって
5時前のはやドキで主題歌紹介。
続いてめざましアクアとおはよんで予告最新映像(アクションメイン!)と
52枚目のシングルであることがお知らせされました。
新しいアーティスト写真もね。

そうきたか。

嵐が映画主題歌を担当するのは4年ぶりのこと。
Brethless 以来ね。
私の感覚では映画音楽に「合う」主題歌というのはヒジョーに難しい。
どんなに作品が素晴らしくても、どんなに楽曲が良かったとしても。
しかも時代劇。
だからインストのみで歌なくてもいいんじゃないかと思ってたのが本音です。
こればかりは映画館で通して観ないと分かんないことだからなぁ。


時代を繋ぐ一途な愛を歌ったラブソング。
聴けたところではドラマチックな曲調の好きな感じだけど。
エンディングで流れたときにすっと馴染んでるといいなー。

なんだかんだいっても
初見のアクションと、嵐アーティスト写真はカッコ良くてべっぴんさんだったので
各々の期待値は上がっております。(*v.v)。


予約も今日始まるのかな。JAL新CMの曲はコレのc/wとか?
お昼休みチェックしとこ。


追記。
無事に予約完了(^^♪

◇嵐、ニュー・シングル『つなぐ』6月28日発売 TOWERRECORDS

やっぱりあれ三味線かぁ。
和洋楽器の掛け算、音が面白いぞ。
なんだかんだ新譜は楽しみなのである。

2017年5月 3日 (水)

ニノさん、映画で先輩と共演。

木村拓哉と二宮和也。記事に並んだ名前を見て目が覚めた朝。
マジか!って。

◇キムタク&ニノが夢共演!来年公開『検察側の罪人』の検事役で対立 SANSPO

作品がどうとか、ニノの映画出演がどうとかいうことより先に
まず映画でこの2人が共演ということが何より目に入ってしまいまして。
7,8月撮影で来年公開ということで気が早いけど
一緒に番宣したり、嵐の番組に木村くんが来てくれたりするかも
…なんて思っちゃったのは私だけじゃないんじゃないかと。
ねぇ?

原作は雫井脩介さんの小説。
師弟関係だけどある事件から次第に対立していく、というストーリーだそう。
雫井さんはさすがに知ってるけど、読んだことは無いなぁ。

なんだかんだ言われても、世間は放っとかない人なんだろう。
(深い意味は無い)
今まで為されなかったグループ間の共演がいろいろ叶ってるのは
単純にいいことなんじゃないかと思います。
出演してるCM(スポンサー)都合じゃなく
大人の思惑で出来ないことがあるのは勿体ないんじゃないかって。


ニノは今後お芝居は映画ベースでいくのかな?
それともそちらにより需要があるってことか分からないけども。
主演じゃなくてもこういう作品における重要ポジションでの出演もいいよね。


とりあえずどういう化学反応が起こるか、楽しみです。(*゚ー゚*)

2017年5月 1日 (月)

映画のハナシ。

5月になりました。
“忍びの国”公開まであと2ヵ月です。
行けるか行けるか分からないワクワク学校より
チケット代払えば必ず観れる映画のほうが楽しみ。
(行きたいよ?でも当たらない可能性高いし)

公式twitterも春からいろんなお知らせを投げてくれてます。
マキタスポーツさんが関係者の試写があったとブログに書いてくださったり。
大ちゃんも観たのかな。
一昨日から予告編2もup されて近づいて来てるな…っていう実感があります。
試写も今月末だしね。

この予告2がヤバい。映画館で観たい。
原作も読んだ者としてはいいところを切り取ってると思う。
大事な場面は「劇場で」っていう。
アクションにワクワクして、ラストで切なくなって。

取材したって話も何回か呟いてたので、
もうすぐ出演者インタビューの記事が載る雑誌も発売されるだろうけど
先行して映画誌でもテレビ誌でも現場レポと共に中村監督のコメントが掲載されてる。
(あまり買ってないけど)

そこで監督が見た大野智象がこれ。
「大野くんは褒められるのが苦手だし嫌がる。家でたくさん努力しているはずなのに。
でもそれを見られたり知られたりするのは嫌なんだと思う。
人からどう見られているかちっとも興味ない部分がある。
毎回会うのが楽しみな人。自分もなってみたいと思うほど大野くんのことが好き。」

…また好きって言われてるよ。(*^.^*)

あとね。
「合戦中に襲い来る何本もの槍を舞うように避け切るアクションは、
大野がわずか30分で振り付けて現場を沸かせた」とかも書いてあったけど。
マジか。

ますます映画の裏話をラジオで聴きたかったなぁ…って思っちゃうよ。

で、映画音楽はどなたが担当してくださってるんでしょう。
気になる。


ナラタージュのポスターやフライヤーも出てるんだよね。
特報は女優さんをキレイに見せるの、潤くんはやっぱ上手いなぁって。
こういうのは量産する筈だし、タイミングで貰えると思うけども、
大量に持ってく人対策に棚に並べない映画館も最近ちょいちょいあるね。

映画は出演者のファンだけじゃなくてたくさんの映画好きの方に
知ってもらいたい、観てもらいたいって思うから本末転倒だよなぁ。
チラシって宣伝のひとつだもんね。
(見本あればまだいいけど。)

ちなみにWOW WOW で忍びの国、特番あるらしいけどBS観れないんだよぅ。
そういうのは深夜でもいいから地上波でやって欲しい。(。-_-。)

より以前の記事一覧

ごあいさつ。m(_ _)m

  • ご訪問ありがとうございます。  ラジオとテレビ、映画、読んだ本の感想とか。 大好きな嵐と、時々ゆずと…。一緒に暮らす“わさび”のこと。日々の生活で思ったこと、お出かけしたこと等々を書いてます。 ※初めての方は、プロフィール内のお願いと注意を読んで下さいね。

countdown

twitter

my blog list

Blog People